忍者ブログ
富士山の溶岩石で焼く窯焼きイタリアンのお店・テネレッツァ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は 人家seijiの向かいの はなれ さん にシェフとランチに行って来ました。
女将さんを筆頭に スタッフの方は本当によくご来店いただいて、お世話になってるのです。
ここの方たちは面白くて、ワインはほぼ1人1本ずつ飲むんです。 みんなで飲んだり、とかと、ちょっと違うんです。でも、かなり仲が良い。 豪快で、暖かくて、これって八幡浜の特徴なんですか?

その豪快さや暖かさが堪能できる小料理屋さんと言えばわかりやすいのか、おいしいお魚が食べられる、八幡浜料理屋さんです。 新地価格じゃないのがありがたい◎

ランチは900円で

どれもにご飯・お味噌汁・小鉢・香の物が付きます。(ご飯はおかわり自由)
この日は
・海老のマヨネーズ
・八幡浜のちゃんぽん
・鶏の竜田揚げ大根おろし
・イシモチの塩焼き ←オススメマークついてました。
(タイトルが曖昧ですみません。。。内容は合っています。) の、どれか。

私はちゃんぽん。 シェフは海老にしました。 竜田揚げは売り切れでした。

IMG_0298.JPG小鉢って2品なんですか!?一品かと思ってた。

マロニーのマヨサラは、もう、これだけでいいからおかわり☆
ってくらいおいしかったですね。
すぐ出てきますよ。 これも嬉しいです。

切干大根もさすがにおいしいです。 
とにかく口に入れるもの、すべてがおいしくて、この時点で得した気分でした。

が、

IMG_0301.JPG
ちゃんぽんの量も結構ありましたよ。

これにつくご飯も結構ガツ盛りやし。
お味噌汁もきちんとダシ取ってる感じ。キラキラ光ってます。八幡浜の独特のお味噌・麦味噌を使ってるとかで、 お出しいただく時に、「ちょっと甘いんですが、、」なんて、一言がありましたが、 おいしーじゃないのおいしーじゃないの。 って感じでした。
ただのご飯なのに、ご飯もおいしい。 ここまでおいしいおいしい、となると、私なんかの病気なんかな?と心配になるくらいです。

ちなみに奥の料理が海老マヨネーズ☆揚げセン付きです♪
一口いただきましたが、これもおいしかったです。
ちゃんぽんも大正解! シェフはこれにすれば良かった と、言うくらい好きだったみたいです。 本場!とかじゃないけど、はなれさん独特の ほっこりあたたかい感じ。 こういうのが嬉しい。母の味というか、やっぱり和食ってホームタウンだと思わせますね。

この日、女将さんは不在だったんですが、 スタッフの方が連絡を取っていたのか、
「食べられないだろうけど、よかったら・・・」
と、巨大な焼き魚が!!
IMG_0303.JPGオススメのイシモチ。

爪楊枝は参考にどうぞ☆

ちょっとこれやばくないですか?
これに小鉢も香の物もご飯もお味噌汁もついて900円なんですよ。

もちろん、パサパサなんてしてない。どっか見知らぬ外国からやってきた魚・なんてやつじゃないんですよ!
やばいすよーはなれさん!!


ここでは本当に しづき さん、じゃないけど、お魚のいろんな部位や変わった料理も食べられる。お魚に対してなんの心配もいらない。期待だけしてればいいお店なんです。

だけど、こんな形でランチから出してくるとは。。。豪快八幡浜恐るべし。。


テネレッツァもランチだからと素材に手抜きはありません。スパゲティに入れる地鶏でさえ、きちんとした国産のものです。 (地鶏と書けない店、結構多いんですよ)

でも同じように魚で勝負してるはなれさんを見て、改めて、 「ガツンとしてものを作るべきかも。。」頑張らないとなー 的な気持ちになりました。

おいしかったです。ほんとに。 勉強になりました。

はなれ さん 
TEL 06-6345-7017
〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-3 好陽ビルB1

☆スタッフの方はおそらくすべての方が、よく飲み・よく笑い・よくしゃべる方笑。
忙しそうでなければ、気軽に会話を楽しむのもオススメです。


PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー :
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア :
最新CM :
最新TB :
プロフィール :
HN:
ミチコサン
性別:
非公開
自己紹介:
テネレッツァのスタッフ。
テネレッツァの魅力や日常をつれづれお伝えします。   
バーコード :
ブログ内検索 :
忍者ブログ [PR]
"ミチコサン" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.