忍者ブログ
富士山の溶岩石で焼く窯焼きイタリアンのお店・テネレッツァ
1 2 3 4 5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

c7180bb2.jpg















テネレッツァがある聖天通り商店街は駅前と信号を超えた辺りとでは様子がかなり変わります。
良心的な庶民の町  もう1つの聖天通り商店街はそんな感じ。

通りに張り出されているたまきさんの日替わり看板をチェックするのは私の日課です。
通常でも良心価格なのに さらに日替わりは100円引きとかになるんですよ。
この日はカニクリームコロッケ定食。 680円て冷凍食品出しても安いのに、もちろん手作りですからねー。
お店の事務仕事を終えたものの店のまかないを待てず お邪魔しました。 オープン準備の時にお邪魔した以来です。 行きたいお店はあるものの なかなか外食できなくて(涙)

カニクリームコロッケを作ったことがある人は安い!って思うに決まってます。 手間賃入ってないですもん。
お店の中も洋食屋はこうあってほしい。っていう懐かしさと清潔感。
コック帽をかぶったシェフにいつ見てもきちんとしてらっしゃる奥さん(?) 
こうでないといけないですよね。 身だしなみってお店を作るというか、きっちりした仕事を作る。 そんな事を教えていただきます。

13時過ぎてて 「もう落ち着いたからどこでも座っていいですよ」なんて言っていただいた後、ばるばる南森町から「ここのカキフライ定食が食べたくなって」
なんてご来店アリ。
う うらやましい。。。
誠実にきっちり仕事をしてきた歴史がこんなお客様を呼ぶんですよね。

テネレッツァの歴史はまだ始まったばかりですが、 いつか こんなお客様にご来店いただくようなお店になりたいです。

たまきさん、 来年には内装も新たにされるらしいです。 こちらも要チェックですね。


レストラン たまき 
大阪府
大阪市福島区鷺洲2-10-7

06-6451-2197


実はこの界隈、 何気に洋食屋激戦区☆
スタンプラリーのように行脚するのがよさそうです。 次はどこに行こうかな。





PR
13408210.jpeg
おはようございます!

昨日は雨の中 ありがとうございました。

いつもありがとうございます! と お声を掛けられるお客様が多くて
ありがたかったです。 

さて 私の心の支えの1つ しづきさんが 新しく「トロワサビ膳」 (正式名称ではアリマセン)1000円
を出した と、いう事で、気になってしょうがないシェフに引率されて ランチクローズ後 後片付けも早々に出かけてみました。

時間的にもなんとか間に合った! けど、 5人前は在庫がもうなくて、 シェフだけがトロワサビ膳を注文。
写真は私と新スタッフさんの頼んだ マグロ丼タレ¥800 ですが、 これ確か以前も頼みました。
迷ったけど、 以前のがあまりにも衝撃的においしかったので 逆に違うものが頼めなくて。。。
意外と保守的な女。 

他 しみずさんは刺身大盛定食¥700 みたいなの頼んでましたが、 これも見て笑ってしまうくらいの得盛っぷりで、これは刺身盛り とは言わないのでは。。。。というレベルでした。
なんか最近店とかでよく見られる「ギガ」とかあんな感じ。 
でも質は 下がらないんです ねー。
わさびやカレーなどの刺激物が苦手なしみずさんも「ここのなら食べれましたね」 と言ってました。
そんなわさびがどっさり載った「トロワサビ膳」は

わーこんなトロ グルメ番組とかで見た事ある! ってくらいの霜降り具合。
醤油厳禁。 そのままどうぞ。

と いうわけで1口で食べたシェフは 
「とろけるとろ」 と 一同どん引きの あってはならない駄洒落を口にするうかれっぷりでした。

マツイさんの山かけトロロ丼も ご飯と別に ご飯より多い山かけとろろが出てきて遠目ながらに釘付けでした。

夜のメニューとかも増えてて 
この日はマグロの胃袋 とかありました。
胃袋とかあるんですね。 いや、あるんだろうけど、ちょっと想像がつきません。。
聞いてみると これはこうやって こうやって。。と、いろいろお話してくれます。

女性にはハードな量ですが、更にお味噌汁とうれしい一品付き。

帰りにはバナナまで。 しづきさん あなたは一体。。。 マグロとバナナ。。新しい何かが産まれる予感?

いつもありがとうございます。 
やっぱりおいしいもの食べた後は 声も大きく 気持ちも晴れやかになりますね。

テネレッツァから出たお客様も こんな気持ちにさせたいですわ。 頑張るぞ と。










バタバタのブログ更新を後悔しながら。。。
ほんとは書きたいことあったのにさ。 
なんてね。

今日のランチも ご来店ありがとうございました。
サッカーの疲れもあり、お仕事も忙しかったのか、ゆったりのランチでしたが、
その分お客様のお顔がよく見えて充実した時間でした。


さて、今回は 私の家の近くのパンやさんをご紹介させていただきます。

まず最初に。
いい人だけのご来店をお願いします!
なんちゃって☆
と、 いうのもうららかさんは名前のイメージを裏切らず、かなりいい人だから。
先日、ふらっとお店に立ち寄ったものの、お金が足りず(ほんといつまでも恥ずかしい大人で。。)泣く泣くあるパンを返品したら、
お店を出た私を追いかけて、 そのパンをくれたのです。
「もう閉店時間だし、 余るだろうから。」 なんて一言と一緒に!!
なかなか出来ませんよね。こいうの。
追いかけてくるんですよ。ドア開けて。

お礼も兼ねて と、再訪した際にその話をしたら、
「うち、結構そういう事あるんで気にしないでください。」 と、笑顔。
私と同じように迷惑をかけたお客様! うららかさんにもう迷惑をかけないとここで誓ってあげて!!
ほんとにいい人で ふわーっと癒されながらも、この町になくてはならない大切なパン屋さんだ! と、思ったのでした。

人柄は下町ですが、 パンはかなりコジャレた感じです。
IMG_0275.JPG


この日だけの?パン。
食べ応えのあるデザートのようでした。
クロワッサンって、せいぜいチョコくらいしか入れないものだと思ってたけどアリですねー。
大人のパンでした。


IMG_0276.JPG
実はリピート購入☆
おいしース。
やっぱりパイシートとは違いますね。
前より安くなって。。。ませんか?気のせい? おいしさは相変わらずです。 誓って飲んでませんが、ワインにも合うと思う~!!
IMG_0277.JPG




そしてそして特筆しなくてはならないフォカッチャ!

なぜ、こんなに!? 
ってほどの種類。 
しかも変り種ですし。
私は枝豆を買ったんですが、おいしー!!かったですね。 テネレッツァのスタッフもこれを食べて、参考にしなくては!

ディスプレイもおしゃれだし、ほんと何故こんなところに?!いいんすか?ここで? 
と、詰め寄って問い合わせたくもなりますが、
たまに立ち寄れる 生活の楽しみが増えて ラッキーです。


ウララカベーカリー
〒553-0007
大阪市福島区大開2-14-3
TEL&FAX06-6464-5559
営業時間 朝7:30~夕方18:30
定休日 日曜日



bac3b629.jpeg

















1日遅れですが、酒春さんにテネレッツァからお祝いを持ってく事にしました。
聖天通りのサトー花店さんにお願いしました。
夕方の急なお願いにもかかわらず、 
予算に合わせて、カゴに綺麗にアレンジしていただきました。
1時間程他で用事を済ませて戻ります。
と、お伝えしましたが、少し早めに行っても出来上がってました。

色の事も何もお伝えしてないのに、華やかに仕上げてくれて、助かりました。
その間、顔見知りの方もちらほら花屋さんへ。 父の日に。と、花を買う人。お話する人。

なかなかお花屋さんを利用する機会がないもので、敷居が高いんですが、 案外入ってみたら、人情味あるお人柄のせいもあるんでしょうが、なんだこんなに緊張=警戒?する事なかったんだ。 と、ほっとしたりして☆

自分のためでなくても、 花を買った後って気持ちが華やかになりますね。 
たまにはいいもんです。


サトー花店 
大阪市福島区鷺洲2-12-34
06-6451-8741
 ← ハナヨイ なんですよ! こういう語呂がテネレッツァにも欲しい!! 06-6450-0678

ムシゴレオムナヤ? 電話番号よりこれ覚える方がしんどいスね。。。


さてさて、 今日は父の日! サトー花店さんで(実は奥に結構花、持ってはりますよ。)お花を頼んでテネレッツァでお食事をどうぞ♪









IMG_0162.JPG










そこはテネレッツァのある聖天通りの裏にあります。
何かがありそうな、入ろうか少し迷いながら魅かれるエントランス。

IMG_0163.JPG










旧家屋を利用した建物の右側に小粋な看板。
サーカスをテーマに撮られた写真の個展でしたが、
モノクロがきれいでした。 カラーももありました。 寺山修二とか好きな方はきっと好きだと思います。 

5/15土曜日にはこの作家さんの写真がお庭でプロジェクターで見れる そんなイベントがあるそうです。ステキ。18:00~
非日常の場所で、お庭で映像を見る。なんて、非日常の体験をする。 これってアートの真髄なんちゃいます? こういう体験の中で自分の日常を新しく認識したりできる。アートにはそんな役目があるんではないでしょうか?

なんてね。

photogallery sai 

553-0002 大阪市福島区鷺洲2-7-19
tel&Fax: 06-6452-0479
mail:
info@photo-sai.com
会期中のみオープン 12:00 - 20:00
定休日:木曜日
(会期中以外のご来場については事前にお問い合わせください)

なぜこんな場所にこんな骨太なギャラリーが?! と、思うくらいのレベルの高さです。
入場も無料だし、ゼヒ足を運んでみてください。 

その後はテネレッツァで食事をどうぞ。 そんでストーヴさんでドーナツ食べて、アルクさんで雑貨買って帰る。
きっとステキな1日になりますよー。 ゼヒ!





 





カレンダー :
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア :
最新CM :
最新TB :
プロフィール :
HN:
ミチコサン
性別:
非公開
自己紹介:
テネレッツァのスタッフ。
テネレッツァの魅力や日常をつれづれお伝えします。   
バーコード :
ブログ内検索 :
忍者ブログ [PR]
"ミチコサン" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.