忍者ブログ
富士山の溶岩石で焼く窯焼きイタリアンのお店・テネレッツァ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

13408210.jpeg
おはようございます!

昨日は雨の中 ありがとうございました。

いつもありがとうございます! と お声を掛けられるお客様が多くて
ありがたかったです。 

さて 私の心の支えの1つ しづきさんが 新しく「トロワサビ膳」 (正式名称ではアリマセン)1000円
を出した と、いう事で、気になってしょうがないシェフに引率されて ランチクローズ後 後片付けも早々に出かけてみました。

時間的にもなんとか間に合った! けど、 5人前は在庫がもうなくて、 シェフだけがトロワサビ膳を注文。
写真は私と新スタッフさんの頼んだ マグロ丼タレ¥800 ですが、 これ確か以前も頼みました。
迷ったけど、 以前のがあまりにも衝撃的においしかったので 逆に違うものが頼めなくて。。。
意外と保守的な女。 

他 しみずさんは刺身大盛定食¥700 みたいなの頼んでましたが、 これも見て笑ってしまうくらいの得盛っぷりで、これは刺身盛り とは言わないのでは。。。。というレベルでした。
なんか最近店とかでよく見られる「ギガ」とかあんな感じ。 
でも質は 下がらないんです ねー。
わさびやカレーなどの刺激物が苦手なしみずさんも「ここのなら食べれましたね」 と言ってました。
そんなわさびがどっさり載った「トロワサビ膳」は

わーこんなトロ グルメ番組とかで見た事ある! ってくらいの霜降り具合。
醤油厳禁。 そのままどうぞ。

と いうわけで1口で食べたシェフは 
「とろけるとろ」 と 一同どん引きの あってはならない駄洒落を口にするうかれっぷりでした。

マツイさんの山かけトロロ丼も ご飯と別に ご飯より多い山かけとろろが出てきて遠目ながらに釘付けでした。

夜のメニューとかも増えてて 
この日はマグロの胃袋 とかありました。
胃袋とかあるんですね。 いや、あるんだろうけど、ちょっと想像がつきません。。
聞いてみると これはこうやって こうやって。。と、いろいろお話してくれます。

女性にはハードな量ですが、更にお味噌汁とうれしい一品付き。

帰りにはバナナまで。 しづきさん あなたは一体。。。 マグロとバナナ。。新しい何かが産まれる予感?

いつもありがとうございます。 
やっぱりおいしいもの食べた後は 声も大きく 気持ちも晴れやかになりますね。

テネレッツァから出たお客様も こんな気持ちにさせたいですわ。 頑張るぞ と。










PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー :
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア :
最新CM :
最新TB :
プロフィール :
HN:
ミチコサン
性別:
非公開
自己紹介:
テネレッツァのスタッフ。
テネレッツァの魅力や日常をつれづれお伝えします。   
バーコード :
ブログ内検索 :
忍者ブログ [PR]
"ミチコサン" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.