忍者ブログ
富士山の溶岩石で焼く窯焼きイタリアンのお店・テネレッツァ
79 78 77 75 76 73 74 72 71 70 69
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

aefc41a8.jpeg




















クリスマスも終わり、街はもう年越し一色です。
この切り替えの早さ。キライじゃありません。

テネレッツァは年内は30日(ラストオーダー21時)まで、年始は1/2(12:00からの通常営業)より営業いたしております。掃除に疲れた・おせち作るのにいっぱいいっぱいで、もー今日のご飯作るの無理。なんてお客様。新年のご挨拶のお土産にマンネリを感じていたお客様!
店内もテイクアウトも御用意してお待ちしております。 テネレッツァへお越し下さい。

さてさて。新年早々、ワインなんて呑めるか。 なんていう根っから日本人なお客様。よろしければ是非焼酎をご注文下さいませ。 芋焼酎 「黒甕」 と、麦焼酎「八重丸」を御用意させていただきました。
グラス売りでロック・水割り・お湯割 共に500円です。
芋焼酎 「黒甕クロカメ」は 鹿児島県出水郡産。アルコール度数は25度。 最近では珍しい黒麹を使った上(泡盛とかでも使われてます)、名前の通り、甕で発酵させて作っているというちょっと逆行した感じの作り方の焼酎です。 でも昔の作り方にはそれぞれ良さがあるもので、ならではのまろやかさがあります。 
麦焼酎「八重丸ヤエマル」 これもまた鹿児島県産です。 アルコール度数も25度。こだわりもので、この焼酎のために酵母を作ったほど。
「やえまる酵母」って、内内で仕事するのにわかりやすいから、というだけの理由でつけたようなネーミングセンスはさておき。。。この酵母のおかげだけではありませんが、大切に作られたのがわかる香り・そんでもってのどを通る感じ。頑張ってはります。

合わせて食べてないけど、窯蒸し野菜とブラックソルトでちびちび。。。なんてのもアリなんではないでしょうか?
ブラックソルトは絶対合いますよ。 きっと。

イタリアンに焼酎なんて・・・と眉をひそめる方もいらっしゃるかもしれませんが、
先日間を少しあけて2度目にお越しいただいたお客様から、「俺が焼酎がないの?って言っていたの、憶えてくれてたの?今日あるなんて嬉しい!」 とわざわざお声掛けいただいた。イタリアンとしての「型」よりも、その笑顔を採りたいなと。 思ってるんですよ。 邪道でしょうかネ。


新しい組み合わせ・新しいおいしさ・新年早々何か楽しい事が見つかるかもしれません。
テネレッツァへお越しくださいませ。
(年内も忘れないで!!)





PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー :
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア :
最新CM :
最新TB :
プロフィール :
HN:
ミチコサン
性別:
非公開
自己紹介:
テネレッツァのスタッフ。
テネレッツァの魅力や日常をつれづれお伝えします。   
バーコード :
ブログ内検索 :
忍者ブログ [PR]
"ミチコサン" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.