忍者ブログ
富士山の溶岩石で焼く窯焼きイタリアンのお店・テネレッツァ
68 67 66 65 64 63 62 61 60 59 58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんだかフラッと書き始めましたが、相当空いてましたよね。。 
なんだかちょっとがくーんと落ち込んでたりもあって。 ダメですね。こんなことじゃ!
年を重ねていくと、こんな時の自分への処方箋を幾つか持てるようになると思いますが、
私には絶対、もー絶対においしい食べ物が必要です笑。
テネレッツァも誰かの処方箋になれたら。。 なんて思います。 


さて!11月初旬だったでしょうか?ご来店が2回目になるお客様からのブラックソルトについてのご質問があり、ちょっと調べてみました。(こーんな遅れてすみません。。)

テネレッツァのブラックソルトはヒマラヤのものなのですが、これ岩塩なんです。
ヒマラヤって、すごーく昔、海で、それが塩湖になってそれが蒸発していつの間にか岩塩層になってたそうです。 なんかマニアックな人生(人じゃないけど)送ってますよね。ヒマラヤって。山やのにね。
岩塩の形成過程でマグマに焼かれたせいかなんだか、イオウのにおいがするのが特徴です。 
「昔の日本人は味噌をなめながら酒飲んだ」みたいな話を聞いた事がありますが、 この塩はアテになるんでは?と思います。 ゆでたまごいらず☆☆☆
塩分ではなく、味(旨味)が強いのが特徴で、量を使わなくてもいいから、「塩分を控えたい方に」なんて売り文句もあるくらいです。
だからテネレッツァ名物の「野菜の石窯焼き」についている付け塩をいきなりふりかけのように野菜全体に振り掛ける。なんて豪快なお召し上がり方はね。。 危険です。 ご注意ください。

現地ではお薬として使われたりしていたブラックソルト。 自然の海と山と時間で作られたお塩は石窯料理にとってもよく合います。  テネレッツァの料理と一緒にお塩も愉しんでみてください。 えーと。水曜から是非!


PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー :
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア :
最新CM :
最新TB :
プロフィール :
HN:
ミチコサン
性別:
非公開
自己紹介:
テネレッツァのスタッフ。
テネレッツァの魅力や日常をつれづれお伝えします。   
バーコード :
ブログ内検索 :
忍者ブログ [PR]
"ミチコサン" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.